2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.10.16 Friday

    エピソード19/二家団欒

    0

      俊之「ただいま〜」

       

      俊之がクーラーボックスを抱えて、自宅の玄関へ帰って来た。

       

      俊之の母「おかえり〜」

       

      絵美の母「おかえり〜」

       

      絵美「おかえり〜」

       

      リビングに居た女三人が返事をした。

       

      そして三人は立ち上がって玄関へ行き、俊之を出迎える。

       

      俊之「早く魚だけ出しちゃって」

       

      俊之の母「分かったわ」

       

      そう言うと、俊之の母がクーラーボックスから、魚を取り出す。

       

      続いて、絵美の母もクーラーボックスから、魚を取り出した。

       

      俊之は空になったクーラーボックスを外に出す。

       

      外では隆行が待ち構えていた。

       

      俊之はクーラーボックスを隆行へ渡す。

       

      隆行はクーラーボックスを抱えて車に戻り、車のトランクにクーラーボックスを入れた。

       

      隆行が車に乗り込むと、絵美の父は車を走らせる。

       

      釣り道具を自宅へ片付けて、車を駐車場に置いてから、絵美の父と隆行は俊之の家に戻って来る予定だ。

       

      俊之が今度は勝手口から家に入る。

       

      絵美「お疲れ様〜」

       

      女性陣は皆、台所へ来ていた。

       

      俊之「俺、しゃべり疲れちゃったよ」

       

      俊之の母「釣りをしていたんじゃないの!?」

       

      俊之「俺と隆行は釣りそっちのけで、ずっと、しゃべっていたんだ」

       

      絵美の母「じゃあ、この魚は!?」

       

      俊之「全部、お父さんが釣ったんだよ」

       

      俊之の母「あんた達は一匹も釣れなかったの!?」

       

      俊之「だから、ずっと、しゃべっていたから」

       

      絵美の母「釣りだったら、おしゃべりをしながらでも出来るんじゃないの!?」

       

      俊之「そうなんだけど、俺達が万が一に釣れちゃったりしたら、お父さんの立場が無くなっちゃうじゃん」

       

      俊之の母「何、生意気を言っているのよ」

       

      俊之「だから、俺達は殆ど、餌も付けずに釣りをしていたんだ」

       

      絵美の母「それじゃ、釣りじゃないじゃない」

       

      俊之「そそ。だから、くっちゃべっていただけ」

       

      絵美「隆行と何の話をしたの?」

       

      俊之「それは言えないな〜」

       

      そう言いながら、俊之はリビングへ向かった。

       

      そしてリビングで腰を下ろして言う。

       

      俊之「それは、ともかく、隆行は可哀相だったな」

       

      絵美「何で?」

       

      絵美もリビングにやって来る。

       

      俊之「俺は初めてだったから、釣れなくても仕方がないけど、」

       

      絵美「うん」

       

      俊之「隆行は何度か、お父さんと釣りをした事がある訳でしょ」

       

      絵美「うん」

       

      俊之「だから、隆行、お父さんに虐められていたから」

       

      絵美「そっか〜」

       

      俊之「ねー、何か飲み物、ない?」

       

      俊之の母「麦茶があるわよ。絵美ちゃん、出してやって」

       

      俊之の母が台所から言った。

       

      絵美「はい」

       

      絵美は台所に戻って冷蔵庫を開け、麦茶の入った容器を出して、コップに麦茶を注ぐ。

       

      台所では絵美の母が手際良く、魚をおろしている。

       

      俊之の母がそれを手伝っていた。

       

      そして絵美は麦茶の入った容器を冷蔵庫に戻すと、麦茶を注いだコップを持ってリビングに行き、そのコップを俊之に手渡す。

       

      俊之はコップに入った麦茶を一気に飲み干した。

       

      俊之「そんじゃ、ちょっとシャワーを浴びてくるね」

       

      俊之が立ち上がる。

       

      絵美「いってらっしゃい」

       

      俊之「汗だくで、気持ちが悪くてさ」

       

      そう言いながら、俊之が風呂場へ向かった。

       

      暫くの後、俊之がタオルで頭を拭きながら、リビングに戻って来る。

       

      俊之「お父さん達、まだ来ていないの!?」

       

      俊之の母「川村さんのお父さん達もシャワーを浴びたりしているんじゃない!?」

       

      俊之の母が台所から応えた。

       

      俊之の母と絵美の母は台所で夕飯の支度をしている。

       

      俊之「あ、そうだよね」

       

      絵美がリビングにやって来て、俊之に訊く。

       

      絵美「俊君、何か食べる?」

       

      俊之「まだ、いいよ。お父さん達が揃ってからで」

       

      絵美「分かった」

       

      俊之「女チームはお菓子を作ったんでしょ!?何を作ったの?」

       

      絵美「うーん。色々」

       

      俊之「そっか。もう食べたの?」

       

      絵美「食べたよ」

       

      俊之「美味しかった?」

       

      絵美「すごく美味しかったよ」

       

      俊之「俺達の分はあるの?」

       

      絵美「ゼリーとケーキはあるよ」

       

      俊之「そっか。楽しみだな〜」

       

      俊之の母「ケーキは南瓜のケーキよ」

       

      俊之の母が台所から口を挟んできた。

       

      俊之「げー。南瓜かよ〜」

       

      絵美「あはは」

       

      俊之「じゃあ、俺はケーキはいらねー」

       

      絵美「俊君、本当に南瓜が嫌いなんだ」

       

      俊之「うん。南瓜と薩摩芋だけは苦手なんだよね」

       

      絵美「えー。美味しいのに〜」

       

      俊之「なんか、ポソポソして、粉っぽいじゃん。それが嫌なんだよね」

       

      絵美「そっか〜」

       

      俊之の母「俊之がそんなんだから、こういう機会でもないと、作る事が出来ないのよね〜」

       

      再び俊之の母が口を挟んできた。

       

      すると、玄関のチャイムが鳴る。

       

      俊之「お父さん達、来たんじゃない!?」

       

      俊之の母が台所を抜け出して、玄関へ向かった。

       

      幾らもしない内に、俊之の母に連れられて、絵美の父と隆行がリビングへとやって来る。

       

      絵美の父と隆行の髪は、まだ乾ききっていなかった。

       

      俊之の母が言った様に、シャワーを浴びてきた様だ。

       

      俊之の母「どうぞ、座って下さいな」

       

      俊之の母に促されて、絵美の父はテーブルの所で座った。

       

      絵美の父から見て、右の側に俊之が座っている。

       

      そして絵美の父から見て、左の側に隆行が座った。

       

      俊之とは対面する位置である。

       

      絵美の母が、絵美の父が釣ってきた魚をお造りにし、皿に盛ってリビングに持って来た。

       

      絵美の母「結構、遅かったわね」

       

      絵美の父「帰りは渋滞に捕まっちゃってさ」

       

      絵美の母「そりゃ、そうでしょうよ。それを見越して、向こうを発てばいいだけでしょう!?」

       

      絵美の父「いや、行きは一時間ちょいだったから、二時間もあれば十分かと思っていたら、三時間もかかっちゃったよ」

       

      絵美の母「それは、ご苦労様」

       

      そう言うと、絵美の母は台所に戻った。

       

      入れ替わる様に、絵美がビールとコップを持って、リビングへやって来る。

       

      そして絵美はコップを父に渡すと、そのコップにビールを注ぐ。

       

      絵美「お父さん、お疲れ様」

       

      絵美の父「ありがとう」

       

      そして絵美の父は最初の一杯を一気に飲み干した。

       

      絵美の父「この一杯が最高に美味いんだよな」

       

      すぐに絵美が二杯目をコップに注ぐ。

       

      そして絵美は、まだ中身の残っているビール瓶をテーブルに置いて、台所に戻った。

       

      絵美の父がお造りに手を伸ばす。

       

      絵美の父「俊君も隆行も食べなさい」

       

      俊之「はい」

       

      絵美の父に促されて、俊之と隆行は二人して、お造りに箸をつけ、食べ始める。

       

      俊之「すげー、美味しい」

       

      絵美の父「ははは。そうか!?」

       

      俊之「ウチじゃ、スーパーの刺身しか食べられないからなぁ」

       

      俊之の母「仕方がないでしょ」

       

      台所から俊之の母が口を挟む。

       

      絵美の父「それじゃ、また今度、一緒に行こうな」

       

      俊之「お願いします」

       

      俊之の母「ちょっと早いけど、お夕飯の用意をしましょうか!?」

       

      俊之の母がリビングへやって来た。

       

      絵美の父「私はビールがあれば十分ですよ」

       

      俊之「俺は早く食べたい。隆行は?」

       

      隆行「俺もお腹が空いた」

       

      俊之の母「判ったわ。ちょっと待っていてね」

       

      俊之の母が台所へ戻る。

       

      絵美の父「それにしても、俊君も隆行も、見事に釣れなかったな」

       

      隆行「父さん、いつまで同じ事を言っているんだよ」

       

      俊之「俺達じゃ、お父さんには到底、敵いませんよ」

       

      絵美の父「俊君はまだ初めてだから、仕方がないさ。隆行だよ。情けないのは」

       

      隆行「父さん、もう酔っ払っているの!?」

       

      絵美の父「まだ、酔っ払ってなんかいないぞ」

       

      隆行「じゃあ、ちょっと、しつこ過ぎだよ」

       

      絵美の父「女性陣には、まだ話をしていないじゃないか」

       

      隆行「なんだ。自慢をしたいだけかよ」

       

      絵美の母が揚げ物を皿に盛って、リビングに来る。

       

      絵美の母「お父さん、ご機嫌ね」

       

      絵美の母はそう一言だけ言って、揚げ物を盛った皿をテーブルに置き、再び台所へと戻る。

       

      絵美の父「そりゃ、そうさ。釣果があったのは、私だけだったのだからな」

       

      続いて絵美が餃子を盛った皿を持って、リビングまで来て、それをテーブルに置いた。

       

      絵美「本当にお父さん、すごいわ」

       

      絵美もそう一言だけ言って、台所へと戻る。

       

      絵美の父「こんなにいい気分になったのは、本当に久しぶりだな」

       

      俊之の母がサラダを盛った皿を持って、リビングに来る。

       

      俊之の母「本当にありがとうございました」

       

      俊之の母はそう言いながら、サラダを盛った皿をテーブルに置く。

       

      絵美の父「いえいえ。こちらこそ、俊君のおかげで、とても楽しい一日にする事が出来ました」

       

      俊之の母「そう言って頂けると、こちらもとても助かります」

       

      そして俊之の母は台所へと戻った。

       

      俊之「ご飯、まだー?」

       

      俊之の母「ちょっと待っていなさいよ」

       

      台所に戻ったばかりの俊之の母が応えた。

       

      絵美の父が一本目のビールを空ける。

       

      すぐさま絵美が二本目のビールの詮を抜いて、リビングまで持って来て、テーブルに置き、台所へ戻った。

       

      そして取って返す様に、今度は俊之と隆行のご飯をよそった茶碗を持って、リビングへとやって来る。

       

      俊之「サンキュ」

       

      絵美は俊之と隆行に茶碗を渡すと台所へと戻る。

       

      茶碗を渡された俊之と隆行は勢い良く食べ始めた。

       

      その様子を絵美の父が優しい眼差しで眺めている。

       

      隆行はご飯を三杯、俊之はご飯を四杯、食べた。

       

      おかずも殆どが無くなってしまう。

       

      揚げ物とお造りが幾らか残っているだけだった。

       

      絵美の父も二本目のビールを空ける。

       

      絵美「お父さん、もう一本、飲む?」

       

      台所から絵美が父に訊いた。

       

      絵美の父「そうだな。貰おうかな。今日はいいだろ!?」

       

      絵美の父は少し酔いが回ってきている様だった。

       

      絵美が三本目のビールを持って、リビングに来る。

       

      絵美「はい。でも、これで最後だよ」

       

      絵美の父「判っているよ」

       

      絵美は詮の開いたビールをテーブルに置くと、台所へ戻った。

       

      俊之「今日の餃子、味がいつもとは違ったね」

       

      俊之の母「絵美ちゃんが作った餃子だからね」

       

      台所から俊之の母が応えた。

       

      俊之「そうだったんだ。どうりで美味いはずだ」

       

      俊之の母「私の餃子は不味くて悪かったわね」

       

      再び台所から俊之の母が応えた。

       

      俊之「別にそういう意味じゃないって。おっかあのも美味しいけど、俺はいつも食べているから、代わり映えしないっていうかさぁ」

       

      絵美の父「ははは。じゃあ、今度は私が山ノ井さんの餃子をご馳走にならせて頂こうかな」

       

      俊之の母「あら、川村さん、嬉しい事を言って下さるわ」

       

      絵美「私も食べてみたいな〜」

       

      俊之の母「じゃあ、次回は私が餃子を振る舞わせて頂くわ」

       

      台所から俊之の母と絵美が話に参加する。

       

      絵美の母「隆行」

       

      台所から絵美の母が隆行に声を掛けた。

       

      隆行「何?」

       

      絵美の母「あんた、ケーキは食べる?」

       

      隆行「ケーキがあんの!?あるなら食べるよ」

       

      絵美の母「お父さんは?」

       

      絵美の父「私はケーキはいらないよ」

       

      俊之「絵美、俺にはゼリーをくれよ」

       

      絵美「了解」

       

      絵美の母が南瓜のケーキを持って、リビングに来て、そのケーキを隆行に渡す。

       

      絵美の母「隆行、はい」

       

      隆行「サンキュ」

       

      絵美の母が台所へ戻る。

       

      入れ替わる様に、絵美がゼリーを幾つかに切り分けて皿に盛り、リビングに持って来た。

       

      絵美「お待たせ」

       

      俊之「サンキュ」

       

      絵美「このゼリーも私が作ったんだよ」

       

      そう言いながら、絵美はゼリーを盛った皿をテーブルに置くと、台所へ戻って行く。

       

      俊之「そうなんだ」

       

      そう言いながら、俊之はゼリーを一つ、口に運ぶ。

       

      絵美の父「私も一つ、頂こう」

       

      絵美の父もゼリーを一つ、口に運んだ。

       

      隆行は南瓜のケーキを食べている。

       

      隆行「すごい美味しいじゃん。これ母さんが作ったの?」

       

      絵美の母「それは山ノ井さんが作ったのよ」

       

      リビングと台所で言葉が飛び交う。

       

      隆行「やっぱり」

       

      絵美の母「やっぱりって、何よ!?」

       

      隆行「だって母さん、こういうの作ってくれた事がないじゃん」

       

      絵美の母「ウチはオーブンがないから作れないのよ」

       

      絵美の父「隆行、私に一口だけくれないか!?」

       

      ゼリーを食べ終えた絵美の父が隆行にケーキをねだる。

       

      隆行「しょーがねーなー」

       

      そう言いながら、隆行はフォークでケーキを一口大に切り分け、フォークで刺して父に渡した。

       

      絵美の父はすぐにケーキを口に入れて、フォークを隆行へ返す。

       

      絵美の父「本当に美味しいな」

       

      俊之の母「皆さんに褒めて頂いて光栄ですわ。ウチじゃ、俊之が南瓜、苦手だから、作る機会すらありませんし」

       

      俊之「絵美、ゼリーも美味しいよ」

       

      絵美「でしょ。でも、ゼリーは簡単だから、誰が作っても同じ味になると思うな」

       

      俊之「そんな事はないですよね。お父さん」

       

      俊之が絵美の父に話を振る。

       

      絵美の父「そうだな。絵美が作ってくれたと思うと、より美味しく感じるよ」

       

      絵美「俊君もお父さんもありがとう」

       

      南瓜のケーキを食べ終えた隆行が、ゼリーを口に運ぶ。

       

      俊之の母「それじゃ、私達も締めのゼリーを頂こうかしらね」

       

      絵美の母「そうね」

       

      女性陣はこれまで、合間合間に、それぞれが適当に食事を済ませていた。

       

      その締めとして、女性陣三人は台所でゼリーを食べている。

       

      こうして俊之達にとっての夏休み最後の日曜日の夜が更けていく。

       

      明日から学校が始まるまで、俊之はバイトで予定が埋まっている。

       

      そして二学期になると、俊之は隆行の家庭教師も始める予定なのだ。

       

      その前の和やかなる二家団欒の一夜であった。