<< エピソード53/カルテット+1 | main | エピソード55/バレンタイン >>
2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.03.23 Wednesday

    エピソード54/俊之んチからの帰り道

    0

      淳と木綿子は俊之の家から由佳を家まで送った後、今度はそれぞれの自転車を引きながら、歩いて木綿子の家へと向かっている。

       

      淳「長谷川んチって何処なの?」

       

      木綿子「すぐ、そこの団地なんだ」

       

      淳「そうなんだ」

       

      木綿子「ごめんね。変な事を言っちゃって」

       

      淳「気にしないでいいよ。正直に言えば、山ノ井から話を聞いた時、ちょっと嬉しかったし」

       

      木綿子「本当!?」

       

      淳「長谷川って結構、俺のタイプではあるんだよね」

       

      木綿子「そうなんだ」

       

      木綿子は少し照れた。

       

      淳「だけど、もう少し待っていて欲しいなって」

       

      木綿子「うん」

       

      淳「前の彼女の事を引きずったまま、長谷川と付き合ったりするのは失礼かなって思うからさ」

       

      木綿子「そんな事はないけど。みんな、そうなんじゃないかな」

       

      淳「でも、山ノ井達もいるし、暫くは、みんなで友達付き合いをした方が、お互いにお互いの事を少しは理解が出来ると思うし」

       

      木綿子「それは、そうだね」

       

      淳「付き合うのは、それからでも遅くないんじゃないかって」

       

      木綿子「うん」

       

      淳「本当は早く彼女が欲しかったりもするんだけどね」

       

      木綿子「そうだよね。私も絵美達を見ていると、早く彼氏が欲しいな〜って」

       

      淳「そっか。山ノ井みたいな彼氏がいいの?」

       

      木綿子「それは勘弁かな〜」

       

      淳「あはは。因みに、何で?」

       

      木綿子「だって、おかしいよ。あの二人」

       

      淳「そうだよな。俺もそう思うよ」

       

      木綿子「でしょ!?でも、彼氏彼女って関係には正直、羨ましくも思えるんだ」

       

      淳「本当に山ノ井と川村って仲が良いよな」

       

      木綿子「仲が良過ぎなのよ」

       

      淳「さすが、西校一のバカップルって感じだな」

       

      木綿子「そうそう。でも、一緒に遊んでいると結構、面白いのよ」

       

      淳「そうなんだ」

       

      木綿子「普通は邪魔をしたら悪いかな〜って、思っちゃったりするけどさ」

       

      淳「うん」

       

      木綿子「あの二人には、そんな気遣いは無用なんだ」

       

      淳「そっか」

       

      木綿子「それに、見ているだけでも面白いし。いじり甲斐があるし」

       

      淳「あはは」

       

      木綿子「由佳といつも、からかったりもしているんだ」

       

      淳「学校のみんなは山ノ井達に関わろうとはしないけどな」

       

      木綿子「そうそう。それは、それで賢明だとは思うけど、懐に入り込んじゃえば、結構、面白かったりもするんだ」

       

      淳「なるほどね」

       

      そして二人は団地の入口のところまで、やって来る。

       

      木綿子「ありがとう。此処でいいわ」

       

      淳「そっか。それじゃ、またね」

       

      木綿子「うん。またね」

       

      そして淳は団地から離れて、自宅へと帰って行く。

       

      木綿子は淳が見えなくなるまで見送ってから、自宅へと向かった。

       

      もう幾らもしない内に暗くなってしまうだろう。

       

      そんな冬の夕方だった。

      2017.01.23 Monday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする