2017.01.23 Monday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2016.03.28 Monday

    エピソード59/親の体面

    0

      木綿子「ただいま」

       

      木綿子が自宅へと帰って来た。

       

      木綿子の母「おかえり」

       

      木綿子の母は夕飯の支度をしていた。

       

      木綿子はそのまま自室へ向かって、着替えを済ませる。

       

      そして着替えを済ませると、リビングに戻ってTVを見始めた。

       

      そこへ台所から木綿子の母が何か、紙切れの様なものを持って、やって来る。

       

      木綿子の母「これ。春休みにでも、みんなで遊んできなさい」

       

      そう言いながら、その紙切れを木綿子に渡す。

       

      紙切れは遊園地のチケットが四枚あった。

       

      木綿子「どうしたの!?これ?」

       

      木綿子の母「お父さんが会社から貰ってきてくれたのよ」

       

      木綿子「そうなんだ」

       

      木綿子の母「あんた、いつも皆にお世話になっているでしょ」

       

      木綿子「そんなに気を遣わなくてもいいと思うけど」

       

      木綿子の母「この間だって由佳ちゃんチで、随分とご馳走になったらしいじゃない」

       

      木綿子「そうだけどさ〜」

       

      木綿子の母「ウチじゃ、ご馳走を振舞う訳にも、いかないからね」

       

      木綿子「それは、そうよね」

       

      木綿子の母「だから。ウチだけ何もしないって訳には、いかないし」

       

      木綿子「そっか。ありがとう。でも、1枚、足りないな〜」

       

      木綿子の母「え!?山ノ井君と由佳ちゃんと絵美ちゃんと、あんたの分だけど」

       

      木綿子「今はメンバーが一人、増えているんだ」

       

      木綿子の母「そうなの!?何ていう子なの?」

       

      木綿子「大竹君」

       

      木綿子の母「男の子が増えたんだ」

       

      木綿子「そう」

       

      木綿子の母「じゃあ、あんた、自分の分は自分でなんとかしなさい。アルバイトをしているんだから」

       

      木綿子「やっぱり、そうなるんだ」

       

      そして木綿子の母は台所に戻って、夕飯の支度を続ける。

       

      木綿子は自室へと行って、チケットを鞄に入れてから、携帯で由佳へ電話をかけた。

       

      由佳と話をして、明日、皆で相談をしようという事になる。

       

      そして木綿子は再び、リビングへ戻った。

       

      季節はこれから本格的な春を迎える事になる。

       

      木綿子達にとっては、そんな春の訪れを祝うかの様な、ちょっとした贈り物であった。

      Calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      ご協力サイト様
      にほんブログ村 小説ブログへ
      にほんブログ村
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM